アレコレ

SKAが好きな週末ランナー!主に音楽、健康、スポーツ関連にスポットを当てて更新。通信機器や家電の分野を開拓中!

乱立はまだまだ続くのか!

コンビニ大手のセブンイレブンが独自のコード決済サービス『7pay』を7月1日に開始。全国のセブン―イレブンで利用できるようになると発表した。

セブン―イレブンでは同時に『PayPay』『LINE Pay』『メルペイ』『アリペイ』『WeChat Pay』と国内外の5サービスにも対応!

f:id:activee:20190522170828p:image

やっとと言うか、ついにと印象です。

使える場所が増える事はユーザーにとって、ありがたい話ではある。

今まで私が使用している『LINE Pay』がセブンイレブンで使えなかったので、全く行かなくなってしまった訳だが、7月からは心置きなく立ち寄れる場所になりそうです。

特にセブンイレブンのコーヒーは美味しいですからね!暑くなる夏は飲みたくなりますね。

 

残念ながら、サービス開始時点ではd払いやOrigami Pay、楽天ペイには未対応

まぁ、近いうちに使えることになるはずです。

7payでは、200円ごとにnanacoポイントが1ポイント貯まる。サービス開始を記念して期間限定でnanacoポイントを2倍付与するキャンペーンを実施予定だ。

7payへのチャージは、店頭レジ、セブン銀行ATM、各種クレジットカードなどを使えるとの事。もちろん、従来の独自電子マネーであるnanacoもそのまま利用可能だが、100円ごとに1ポイント付与されていたnanacoポイントが、7月1日からは7payと同様に200円ごとに1ポイントに減ってしまう点は少しばかり残念。

企業としてはコード決済を普及されたいから仕方ないところ。

そのほか7payは、10月をメドに外部加盟店への利用拡大、2020年春以降にはセブン&アイグループ各社のアプリ連携も予定している。

 

何はともあれ、今後もコード決済サービスの乱立は続きそうである。