アレコレ

SKAが好きな週末ランナー!主に音楽、健康、スポーツ関連にスポットを当てて更新。通信機器や家電の分野を開拓中!

Bluetooth接続対応レコードプレーヤー

SONYが3月27日、Bluetooth接続に対応したレコードプレーヤー「PS-LX310BT」を発表!

発売は4月20日

店頭での販売価格は3万円弱になる見込みだ。Technicsの新モデルに比べたら、約3分の1の価格になるのは、心惹かれる点だと思われる。

f:id:activee:20190330192222j:image

レコード市場は、盛り上がりつつあり、再ブーム到来かと思わせる広がりを見せ、生産枚数などが増加している。国内でも30%程度の増加がみられる。すぐ設置でき、手軽に使えるプレーヤーの需要が高まっている。

 

この機種は2008年発売の「PS-LX300USB」の後継モデルにあたり、10年ぶりの更新となる。USBメモリーへの録音機能などは維持しつつ、フルオートタイプで、アナログ出力だけでなくBluetooth接続にも対応したモデルとなった。

シンプルな操作で、トーンアームを上げるボタンを押し、プレイボタンを押すだけだ。針がレコードの最後まで進むと自動的にアームが元の位置に戻る。

レコードをセットしてしまえば、ダストカバーを閉じたまま、再生から終了まで完結できるので、ホコリが気になる人にも安心ですね。

BluetoothコーデックはSBCとaptXに対応。本体左手前のBluetoothボタンを長押しすることで、ペアリングする。機器の登録は最大8台まで可能だが、液晶ディスプレーや切り替えるためのボタンなどはないため、最後に接続したものから順に探していく形になると言う。

 

LINE出力はと言うと、PHONOイコライザーを通す設定と、通さず外部のMMカートリッジ対応フォノイコライザーに出力する設定が切り替え可能。

PHONOイコライザーは3種類のゲイン(LOW:-4dB/MID:0dB/HIGH:+6dB)に対応していて、Bluetoothに出力する際の音量もこのゲイン設定が反映される。レコードの録音レベルは、年代やジャンルによって、まちまちなので、それに配慮した形だ。ケーブルはカートリッジから直出しになっている。

f:id:activee:20190330192715j:image

 

入門クラスの位置付けだけど、トーンアームはアルミ製、プラッターもアルミダイキャストにするなど、上位の「PS-HX500」になるべく近づけるようにしている。カートリッジ交換はできず、針が消耗した場合はサービス対応なのが、個人的に残念な点。出来ればカートリッジが良かった!

f:id:activee:20190330193149j:image

f:id:activee:20190330193201j:image

本体サイズは幅430×奥行き367×高さ108mmで、重量は約3.5㎏。33回転と45回転。

USB経由でPCへの録音機能も搭載されていて価格もお手頃なので、一家に一台あったら、手軽にデジタル化も出来るし、お気に入りの場所でBluetoothスピーカーから好きな音楽が聴けるし、幸せな気分なれるレコードプレーヤーだな!